https___www.pakutaso.com_shared_img_thumb_skincareIMGL7831

出典 https://www.pakutaso.com/

目頭切開を受けるならチェックしておくべきおすすめクリニック[東京編]

切開法や埋没法などの二重術と合わせて行われる目頭切開。 日本人の目元に多い蒙古ひだを切除することで目の横幅を広げ、 離れた目を改善したり、二重のラインを調整したりするときに行われる施術です。目頭切開単独の施術では二重にすることはできませんが、埋没法や絵切開法と併用することで、より理想に近い目元に近づけることが多いです。

ここではそんな目頭切開術を受けるときにチェックしておくべきおすすめのクリニックをご紹介いたします。

目次

1.目頭切開を受けるときのおすすめクリニック

湘南美容クリニック・新宿本院

HPで詳細を見る

東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
電話:0120-5489-40

二重術をはじめとする目元の症例件数が多い人気のクリニック。目頭切開は埋没法と併せて行われることが多いそう。一人ひとりの目の形や顔だちとのバランスを考え、ベストの方法をW型、Z型もしくは韓流切開法のなかから選択します。傷跡が目立ちにくいことはもちろん、それぞれに合った理想的な目元に仕上げてくれるとして評判です。

目頭切開は通常の方法である「目頭切開プレミアム」と術式や使用する器具にこだわることでダウンタイムもミニマムにした「MD式目頭切開プレミアム」の2種類があります。MD式はダウンタイムが長くなりやすい全切開法の二重術と併用することが多いようです。

・目頭切開プレミアム 171,750円
・MD式目頭切開 両目 250,000円

品川美容外科・品川本院

HPで詳細を見る

東京都港区港南2-6-3 シントミビル5F
電話:0120-735-900

品川美容外科の目頭切開は傷跡をできるだけきれいに治すことにこだわっています。細胞成長因子を使用することで傷が治ろうとする力がサポートされ、コラーゲンの生成も促されます。また、皮下組織を縫合する方法を用いることでよりナチュラルな仕上がりに。

カウンセリング時にバーチャルスティックを使って埋没法と目頭切開を行ったときの仕上がりの目元をシミュレーションして見せてくれるので術前のイメージがつきやすいと言えます。

・スーパーナチュラル目頭切開法 いずれも片目 157,400円 会員価格110,180円

聖心美容クリニック・東京院

HPで詳細を見る

東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ2F
電話:0120-911-935

ミリ単位の繊細な技術力とバランスの取れた理想的なデザインで評価が高いのが聖心美容クリニックの目元の施術。なかでも目頭切開は自然な仕上がりで目元をひと周り大きく見せてくれるとして評判です。ミリ単位の繊細な手技で「周りの人に気づかれにくいよう少しだけ変えたい」という難易度の高いリクエストにも対応。また、より目になるのでは?という不安や疑問にも医師がしっかりと答えてくれます。

・目頭切開 単独施術の場合 200,000円
・目頭切開 切開法または埋没法と同時の場合 168,000円

東京美容外科・東京新宿院

HPで詳細を見る

東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー3F
電話:0120-658-958

東京美容外科では高度な技術を持つ医師のみが執刀、傷跡が目立たない独自の目頭切開術を行うことで、より傷跡の目立たない仕上がりを目指しています。一人ひとりの蒙古ひだの状態をカウンセリングで確認し、最適な方法で処置を行い、傷口は目の裏に隠れるように縫合。仕上がりは傷が目立たない状態になります。

■目頭切開
・ベーシック 100,000円
・スタンダード 200,000円
・プレミアム 350,000円
・東美オリジナル法 500,000円

ガーデンクリニック・新宿院

HPで詳細を見る

東京都新宿区新宿3-33-10新宿モリエールビル 5F
電話:0800-813-9242

リピーターの多いクリニックとして知られるガーデンクリニック。目頭切開では、三日月法、Z法、W法から、それぞれの目頭、蒙古ひだの形に合わせ最適な方法を選びます。術式やデザインについてカウンセリングでしっかりと説明し、質問しやすい雰囲気づくりにも努めています。

また、傷跡が残らないようアフターケアにも力を入れているのがガーデンクリニックの特徴。術後は抗生剤、痛み止め、止血剤を処方し、傷跡の経過が通常と異なる場合、トラニラスト(傷跡を目立ちにくくする)の内服薬や傷に塗るための外用薬なども処方してくれます。

・目頭切開 400,000円 モニター価格 180,000円

2.まとめ

目頭切開は単独で行うことは少なく、埋没法や切開法と合わせて実施されることが多い治療です。それだけに患者側からカウンセリング時になぜその術方が取られるのか、どんな方法で切開するのかなど、詳しい説明を求めるのがマスト。いくつかのクリニックでカウンセリングを受けて自分と相性の良さそうなところを選ぶというのも大事なポイントです。